アラフォー営業 マリ子のブログ 今日も楽しく生きよう。

アラフォー営業マリ子のブログ
今日も楽しく生きよう。

 ブログトップ  >  カテゴリー  >  営業や仕事について

営業は、断られてからが始まり

2020/09/13

営業職の人なら、一度は、こう思った事がありませんか?

『今、タイミングよく、自分が扱う商品を欲しがっていて、スグ契約につながるお客様がいないかなぁ。』って。

 

マリ子の経験上、確かに、そんなお客様に出会えることがあります。

お客様からお問合わせがあり、ご説明をして、すぐにご契約決定、とか。

これは、本当に効率的!!😀

ただ、そんなにいつも簡単に決まらないのが、営業という仕事の難しさ💦

だからこそ、営業マンが必要とされる理由でもあります👍

 

今すぐ必要な商品ならいざ知らず、“ 先でも困らない ”  特に高額商品は先延ばしにされがちですよね。

以前、マリ子が、ある企業に営業した時のお話🍀

まさに、先でも困らない商品だったので、

社長からは『 まあ、ゆくゆくはね。』 と、断り文句のような言葉を言われました。

 

ただマリ子は、

“  自分が忘れられないように  ” そして、“  社長のこと忘れてませんよ、気にしてますよ  ” という思いで、定期的な接触はしていました。

※クドくならない程度に、不快に思われない程度に(笑)


その後、1年半くらいが経ったある日。

その社長から電話がかかってきました。

『 急に必要になったので、今すぐ購入したい。』と。

 

そして印象深かったのは、次の言葉。

『以前、君以外にも2,3社営業が来てたんだけど、僕がナカナカ決断しないもんだから、皆来なくなっちゃって。

もう君しか連絡して来ないんだよね。』

お客様へ商品の紹介をし、定期的にコミュニケーションを取り続ける。

お客様の『 その時✨✨ 』が来た時に、真っ先に声がかかるのは、

そんな行動を地道に続けてきた営業マンだと思うのですが、いかがでしょうか?😉✨

ページトップボタン